ホームページリニューアルにかかる費用が3分で分かる記事|費用の内訳や安く済ませるコツも紹介

ホームページをリニューアルしたい!
ホームページのリニューアル費用は?安くできる?
ホームページをリニューアルしたいけど、サイト規模が大きくて費用が心配
ホームページのリニューアルで絶対、失敗したくない!

ホームページのリニューアルを任されたあなたはそう思っていませんか?

ホームページのリニューアルにかかる費用は、専門性が高くわかりにくいですよね。

「どこにお金がかかっているの?」「制作費が安い会社と高い会社の違いは?」と思っている人もいるでしょう。

そこでこの記事では、ホームページやサイト別にリニューアル費用の相場を紹介したあとに、リニューアル作業を細かく分けて解説していきます。

この記事を読むことで、ホームページのリニューアルの全体像が見えるはずです。

また、リニューアル費用を安くする方法や失敗しない方法も一緒に解説しています。

そして最後に、おすすめのホームページ制作会社を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

目次

ホームページリニューアルの費用相場

ホームページのリニューアル費用は、サイト規模やリニューアルする内容によって大きく変わります。

ここでは、3つのタイプ別にリニューアル費用の相場について解説します。

またフリーランスに依頼する場合は、費用の相場が変わるので一緒に解説していきます。

  • コーポレートサイトのリニューアル費用の相場
  • オウンドメディアのリニューアル費用の相場
  • ECサイトのリニューアル費用の相場
  • フリーランスに依頼する場合の費用相場

コーポレートサイトのリニューアル費用の相場

リニューアル内容サイト規模費用相場制作期間
デザインのリニューアル2〜5ページ程度3万〜10万円1週間〜1ヶ月
ブランディング目的のリニューアル50ページ以下50万〜100万円2ヶ月〜4ヶ月
集客目的のリニューアル100ページ以上100万円〜4ヶ月

一般的なコーポレートサイトは、企業名で検索する場合が多く、直接流入が見込めます。

そのため、ページ数を少なくできることから、費用は抑えられる傾向にあります。

しかし、集客を目的としたコーポレートサイトの作成を依頼する場合は、コンテンツやサイト構造の変更が必要な場合があります。

サイト規模によっては、100万円を超える可能性もあるため、何を目的としたコーポレートサイトを作成したいのか明確にしましょう。

オウンドメディアのリニューアル費用の相場

リニューアル内容サイト規模費用相場制作期間
デザインのリニューアル10〜20ページ程度30万〜100万円2週間〜2ヶ月
集客対策リニューアル100ページ以下50万〜200万円2ヶ月〜4ヶ月
集客対策リニューアル100ページ以上200万円〜4ヶ月

オウンドメディアは、記事の数が多いのでページ数が多くなる反面、トップページはあまり見られないという特徴があります。

トップページや、サイトのヘッダー、フッターのデザインだけのリニューアルだと、作業量は少ないので費用を抑えられます。

集客が目的のリニューアルだと、記事の見直しや、サイト構造のやり直し、コンテンツを増やす必要があり、作業量が増えるため、費用が高くなる傾向があります。

ECサイトのリニューアル費用の相場

リニューアル内容サイト規模費用相場制作期間
デザインのリニューアル10〜20ページ程度10万〜30万円2週間〜2ヶ月
スマホやタブレット対応のリニューアル100ページ以下50万〜200万円2ヶ月〜4ヶ月
システムの大幅リニューアル100ページ以上500万円〜4ヶ月〜

ECサイトのリニューアルの場合、デザインの変更だけだと作業量は少なく、10万〜30万円ほどに抑えられます。

ページをスマホ対応にリニューアルする場合は、1ページ1万5,000円程度が相場です。

ページ数が多くなれば費用もあがっていきます。

またシステムの大幅なリニューアルを計画する場合は、カートの新設や各種決済の対応などのプログラミングのような専門性の高い作業が必要になったり、SEO対策でコンテンツの見直しが必要だったりします。

そのため、作業量が増えることにより、制作期間も長くなることから費用が高額になります。

フリーランスに依頼する場合の費用相場

リニューアル内容サイト規模費用相場制作期間
デザインのリニューアル2〜5ページ3万〜10万円1週間〜1ヶ月
サイト全体のリニューアル50ページ以下50万〜100万円2ヶ月〜4ヶ月
ECサイトのリニューアル100ページ以上300万円〜4ヶ月〜

大手制作会社に依頼するよりも、フリーランスに依頼する方がリニューアル費用は抑えられる傾向にあります。

フリーランスで活動している人は、得意分野が異なります。できる事とできない事があるので、作業量が多い場合や、リニューアル範囲が広い場合には、複数人に依頼する必要があります。

複数人に依頼すると、全体をまとめて計画を立てるディレクションが必要になるので、リニューアル経験がないと、納期に間に合わないことや、予期せぬトラブルが起きる可能性があります。

サイト規模が大きい場合は、経験や実績のある制作会社に依頼するほうがスムーズにリニューアルができるでしょう。

ホームページリニューアルにかかる費用の内訳

  • ドメイン・サーバー費用
  • ディレクション費用
  • サイト設計費用
  • コンテンツ制作費用
  • デザイン費用
  • コーディング費用
  • 動作環境チェック費用
  • アクセス解析と運用費用

ホームページの作成には多くの作業が必要で、それぞれ費用がかかります。

ここからは、ホームページのリニューアルに必要な作業と費用相場を合わせて解説していきます。

ドメイン・サーバー費用

ドメイン費用・・・年間1,000円〜3,000円
サーバー費用・・・年間1〜2万円

ドメインやサーバーは既存のものを使用すれば、新たに必要になることはありません。

リニューアル内容によっては、新たにドメインを取得する場合や、サーバーの容量を増やす可能性があります。

打ち合わせで事前に確認しておきましょう。

ディレクション費用

ディレクション費用の計算方法は2つあります。

1つ目は、見積額の10〜30%で計算する方法です。
2つ目は、1日あたり4万〜6万円で作業日数を掛けたものです。

規模が大きいサイトをリニューアルをするには、ある程度の人数が必要になり、それぞれ役割をもってチームで作業を進めていきます。

ディレクターはチームをまとめて、進捗状況を管理している現場監督のような人です。

ディレクターは重要なポジションになるので経験値が高い人を選びましょう。

サイト設計費用

サイト規模によって設計費用は大きく変わりますが、最低でも50万円〜になるでしょう。

サイト設計は集客に関わる重要な部分で、入念なリサーチや専門的な知識が必要になってきます。

サイト設計の相場は50万円〜ですが、リニューアル内容によって費用が増減するので業者との入念な打ち合わせが必須になります。

コンテンツ制作費用

コンテンツはサイトの本体部分になり、1ページあたり1万〜3万円程度です。

コンテンツ制作はキーワード選定やタグの変更などの細かいものから、記事の作成や、画像の撮影、編集のような時間のかかるものまであります。

コンテンツ制作は人員が必要になり、全部任せると高額になる傾向があります。

業者との打ち合わせで、自社でできるものや準備できるものを確認して用意できると、費用を抑えられるでしょう。

デザイン費用

デザイン費用の相場は、トップページか下層ページかで変わります。

トップページの場合5万〜20万程度
下層ページの場合5,000円〜5万円程度

コーポレートサイトやECサイトのトップページは1番見られるページです。

トップページの印象が悪いと離脱率が上がってしまう可能性があるので、デザイナーも力を入れて制作します。

複数のデザインサンプルを提案されることも少なくありません。

重要な部分になるので、デザイナーとディレクターやコンサルタントを交えて方向性やイメージを話し合いましょう。

下層ページのデザインは、他のページに流用可能な場合が多く、ページ数が増えると1ページあたりの費用が下がる傾向にあります。

コーディング費用

コーディング費用の相場は1ページ1万〜1万5,000円程度です。

コーディングとはプログラミング作業の一部で、ホームページをブラウザに表示するためのソースコードを書く作業です。

最近はスマホやタブレットからホームページにアクセスするのが一般的で、レスポンシブデザインにする必要があります。

制作会社によってはオプション設定の場合があるので、事前に確認しましょう。

動作環境チェック費用

動作環境チェックの費用は、1日あたり2万円程度です。

納品前には、バグが発生していないか動作確認が必ずされます。

コーディングが失敗するとブラウザに表示したときに画面が崩れて表示されたり、システムが作動しないバグが発生したりする可能性があるからです。

動作確認のテストは、細かい項目に分けて実際に動かすので、ある程度の期間が必要になります。

そのため、費用は1日あたりで計算されることが多いです。

アクセス解析と運用費用

アクセス解析や運用費用は依頼する内容で大きく変わりますが、5,000〜5万円程度です。

リニューアルが終わり公開できたとしても、そこで終わりではありません。

むしろ本当のスタートは公開してからともいえます。

公開されたホームページに不具合は起きていないか、予定していた集客はあるのか、離脱率は高くないかなど、チェックする箇所は多くあります。

そのため、どこまで依頼するかにより費用が大きく変わります。

サーバーやドメインの更新程度であれば、5,000〜1万円程度ですが、メンテナンスやコンサルタントまで依頼すると5万円を超える場合もあります。

また、業者によっても対応できる範囲が違い、運用やメンテナンスをしていない会社もあります。

後でトラブルにならないように、事前に確認をしましょう。

ホームページリニューアルの費用を安く抑えるコツ

ホームページのリニューアルには、専門的な知識や技術とスタッフが必要になります。

そのためリニューアル範囲が広くなるほど、費用が上昇しやすくなっています。

ここからは、リニューアルの費用を抑えるコツを3つに分けて解説します。

  • リニューアルの目的や範囲を明確にする
  • 複数社に見積もりをとる
  • 補助金や助成金を利用するには

場合によっては半額以下でリニューアルできる場合もあるので、予算が厳しくて悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

リニューアルの目的や範囲を明確にする

ホームページは物理空間ではなくWEB上の空間になるので、広げようと思ったらどこまでも広がってしまいます。

リニューアルの目的や範囲が明確でないと、どこまで変更したらいいのかわからず、必要のない機能やデザインを付けてしまい、費用が高額になってしまいます。

「スマートフォンやタブレットでの表示に対応したい」や、「ホームページのアクセスを増やしたい」、「デザインが古いので新しくしたい」などの、目的を明確にして、リニューアル範囲を決める必要があります。

事前に目的と範囲を明確にしてからディレクターに相談すると、必要なデザインや機能がわかり、無駄な費用を掛けずにすむでしょう。

複数社に相見積もりをとる

ホームページ制作会社は多く、それぞれ力量や得意、不得意があるので、必ず複数社に見積もりを依頼しましょう。

リニューアル費用を抑えようと、安い見積もりの会社を選んでしまうと、必要な作業が別途オプションの場合や「オリジナルデザインでなく、テンプレートデザインだった」などのトラブルが起きる可能性があります。

結果的に高額になってしまうのを避けるために、複数社から見積もりを取り、安い理由や高い理由の確認が必要です。

助成金や補助金を利用するは

ホームページのリニューアルは専門性が高く、高額になる傾向があり、躊躇している企業も多いです。

そんな時は助成金や補助金を活用しましょう。

国や地方自治体は、IT導入を目指す企業に対して積極的な支援を行っています。

ホームページのリニューアルで利用できる、主な補助金や助成金は2つあります。

「IT導入補助金」
「小規模事業者持続化補助金」

「IT導入補助金」は経済産業省の管轄の補助金制度です。

ECサイトの導入や会計システムなどの業務効率化を目指す企業を支援しています。

補助額は、最高450万円と支給額が大きく、支援が受けやすいのでおすすめです。

「小規模事業者持続化補助金」は、日本商工会議所が管轄している補助金制度です。

ホームページリニューアルや広告の掲載に対して支援を受けられます。

支給を受けるためには事業計画書の提出や、商工会議所の指導を受けてから審査を通過する必要があります。

補助額は最高100万円ですが、補助率が4分の3になる可能性があるので、場合によってはリニューアル費用をかなり抑えられるでしょう。

補助金の利用には審査を通過する必要があります。

補助金申請のコールセンターや相談窓口が用意されているので利用しましょう。

またホームページ制作会社の中には、補助金申請の提案も行っている場合があります。

打ち合わせの段階で相談してみましょう。

ホームページリニューアル費用を格安で依頼できる制作会社3選

ここからは、おすすめの制作会社を紹介していきます。

  • YOHAKU Office 株式会社
  • 株式会社アクセスジャパン
  • 株式会社ブロック
  • 株式会社 Rin Design

格安で依頼できるのはもちろん、それぞれ特色を持った会社ですので、あなたのビジネスに
あった会社を選んでみてください。

YOHAKU Office 株式会社

『YOHAKU Office 株式会社』は、東京にあるブランディングやマーケティングを得意とする広告会社です。

顧客の要望に対してマーケティングやPR、デザイン、システム開発など活用して、ゴールまで一緒にサポートしてくれます。

またWEBデザインだけでなく、パンフレット作成やチラシ作成、メニューなど販促物制作を依頼できる定額制サービスもあります。

販促を丸ごと依頼できるので、集客や広告で毎回悩んでいる人におすすめです。

株式会社アクセスジャパン

『株式会社アクセスジャパン』は、北海道にあるWEBマーケティング会社です。

サブスクリプション型のホームページ制作サービスを提供しており、初期費用0円の月額4980円〜で依頼できます。

WEBマーケティング会社だからできる、SEO集客のためのコンテンツ強化や、蓄積された経験、ノウハウが強みです。

WEBコンサルティングの実施例では、WEBサイトのリニューアル後、3ヶ月で前年比5倍も問い合わせが増加したり、集客用のメディア作成やサイトの改修で来客数が数十件/月増加したりした事例があります。

クリニックやスクール事業、ECサイトのリニューアル実績が多いので、そういったサービスを運営している人におすすめです。

株式会社ブロック

『株式会社ブロック』は、東京にあるデジタルマーケティング会社です。

顧客の経営課題や業務課題解決に向けて、WEBシステムの開発、運用までを一貫して支援でき、企業の成長をサポートしてくれます。

LP制作やコンテンツ作成を得意とするので、店舗ビジネスやECサイトなどの集客効果のアップが期待できるでしょう。

株式会社 Rin Design

『株式会社 Rin Design』は、大阪にあるホームページ企画や保守、グラフィックデザインを制作する会社です。

スマホ対応のホームページが3万9,800円〜作成できる格安の制作会社です。

一般的なWEBマーケティング会社と違い、グラフィックデザインも得意とするので、ロゴデザインや紙媒体のパンフレット制作、印刷まで依頼できる会社です。

ホームページ作成とパンフレット作成、封筒印刷、名刺作成が一緒のパックが15万8,000円と驚きの価格です。

販促をまとめて安く依頼したい人におすすめです。

また、サイトの内容を外国語に翻訳するサービスもあるのでインバウンドが見込まれるビジネスを運営している人にもおすすめです。

まとめ

ホームページのリニューアル費用の相場について解説してきました。

リニューアル費用は、作業内容とサイト規模によって大きく変わります。

専門性が高い技術やスタッフが必要になるので高額になりやすいです。

費用を抑えるコツは3つあります。

  • 目的と範囲を明確にする
  • 複数社から見積もりをとる
  • 助成金や補助金を利用する

この3つが活用できると、費用を抑えながら効果のあるコスパの良いリニューアルが成功するはずです。

ホームページは集客のための大事なツールですので、実績があって信頼できる制作会社に依頼しましょう。

ぜひ、おすすめの制作会社を参考にしてみてください。

以上、ホームページリニューアルにかかる費用が3分でわかる記事でした。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる