【比較】チラシデザイン代行先の種類と特徴 | 費用を抑えるポイントも解説

「チラシを作りたいけど、時間がないから外注したい!」
「おすすめの代行サービスってあるのかな?」
「外注した時の料金相場はどれくらい?」
「作成代行先の種類と特徴が知りたい!」

なるべく費用を抑えてチラシデザインを外注したいとき、デザイン会社に頼むのか、フリーランスに頼むのかってとても迷いますよね。個人に依頼するのが安いのは分かっているけれど、「そもそも依頼方法が分からない…。」なんて方も多いはず。

作成代行を依頼する前に、外注先の種類や特徴を把握しておくことはとても重要です。あらかじめそれぞれの強みを知って比較することで、自分に合ったベストな代行先を見つけられるでしょう。

今回は、チラシデザイン代行先の種類や特徴、クラウドサービスの依頼方式など、作成代行を依頼したい時に役立つ情報をまとめてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

チラシデザイン代行先の種類と特徴

  • デザイン制作会社
  • 印刷会社
  • フリーランス

デザイン会社や印刷業者に依頼する従来の方法に加えて、近年はフリーランスに依頼するというケースも増えています。それぞれの特徴を理解し、自分に一番適している依頼先を選ぶようにしましょう。

デザイン制作会社

デザインのクオリティにこだわりたい方や、入念な打ち合わせや確認作業など、丁寧に進めたいという方はデザイン制作会社に依頼するのがおすすめ。プロのデザイナーやクリエイターが在籍しているため提案力も強く、自分のイメージ通りのチラシが作りやすい点が魅力的です。

細かな打ち合わせに対応しているぶん、納期はおおよそ1ヶ月ほどかかる場合もあるので、早くチラシが手元に欲しい方は事前に納期目処を確認しておきましょう。

印刷会社

印刷会社の中には、印刷とデザイン制作を一貫して行うサービスを提供している会社もあります。最大のメリットは、デザインと印刷を別で依頼するという手間が省けるうえに、トータルのコストを抑えられるという点。

会社によってまちまちですが、印刷会社がデザインも請け負う場合依頼主がデザインの内容や企画を考えるケースが多いので、プロに提案してもらいたい方やオリジナリティの高いデザインを求めている方はデザイン会社を選ぶことをおすすめします。

フリーランス

クラウドサービスの普及により、最近はフリーランスのデザイナーに依頼するという方法もメジャーになってきました。クラウドサービスの手数料等を考えても会社に依頼するよりも大幅にコストを抑えることができるうえ、デザイナーによっては安くハイクオリティなチラシを制作してくれる場合もあります。

一方で、依頼主側で素材の準備や制作スケジュールの管理、印刷の手配などを行う必要があるため、極力手間をかけたくないという人はデザイン会社や印刷会社に依頼しましょう。

それぞれの料金相場は?

依頼先別の料金比較一覧表

主流サイズであるA4サイズのチラシをデザイン制作会社に外注する場合、デザイン面にかかる費用はおおよそ2万円〜5万円前後。片面フルカラー・100部制作で印刷費などを含めたトータルの費用は、4万円〜12万円前後が相場とされています。

費用をできるだけ抑えてチラシを外注したい場合は、印刷会社による格安サービスを利用するか、フリーランスに依頼する方法を選ぶと良いでしょう。

クラウドサービスの依頼方法

  • プロジェクト方式
  • コンペ方式

クラウドサービスを利用するにあたり、覚えておきたい依頼方法がこの2つです。それぞれの特徴を把握しておき、その時の目的によって上手に使い分けましょう。

プロジェクト方式

プロジェクト方式とは、初めから報酬やスケジュールを決めず、見積もりなど希望にあった条件を提示してくれた人と仕事を進めていく方式です。まず最初に仕事の依頼を作成し、フリーランスの方達から提案される複数の見積もりを比較・検討しながら依頼する人を選ぶという流れになります。

データ入力などの作業期間が長い仕事や、ウェブ制作やシステム開発などの中長期にわたって進める仕事を依頼したい時におすすめの方法です。

コンペ方式

コンペ方式は、報酬を前もって決めて企画を提示し、多くのデザイナーから納品される制作物の中から優れた制作物のみを採用するという方式。制作物を集めるところから始まるので、制作物が手元に来るまでとても早いという特徴があります。

全国のデザイナーから様々なアイディアを集められるので、ロゴデザインやキャラクターなどを依頼したいときにピッタリの方式ですね。

チラシ作成代行におすすめのクラウドサービス

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • coconala

ランサーズ

業界最大級の実績を依頼実績を誇る『ランサーズ』では、チラシデザインを20,000円からコンペ方式で募集することができます。依頼から納品まで最短1日というのは魅力的ですね。

また、万が一提案件数が15件未満だったら全額返金をしてくれる提案数保証があるのも嬉しいポイントです。

クラウドワークス

業界No.1のユーザー数を誇る『クラウドワークス』でも、コンペ形式でチラシデザインを依頼することが可能。発注手数料が無料であり、低予算で全国のデザイナーからアイディアを募ることができますよ。

経験豊富なコンシェルジュが発注を全面にサポートしてくれるサービス「CWコンシェルジュ」があるので、初めて依頼する方でも簡単に発注を行えます。

coconala

「知識・スキル・経験」といった得意を売り買いできる日本最大級のオリジナルデザイン依頼サイト『coconala』。

洗練された人気クリエイターが5000人以上登録しており、チラシデザインを平均相場よりもお得に発注することができます。クリエイターごとの過去の実績、価格などをしっかり確認してから依頼できるのは嬉しいポイントですね。

チラシ作成代行におすすめのデザイン・印刷会社5選

  • YOHAKU Office 株式会社
  • グラフィック
  • 印刷センター.com
  • イイチラシ.biz
  • チラデザ

YOHAKU Office 株式会社

利益を意識したハイクオリティなデザイン設計が魅力的な『YOHAKU Office株式会社』。経営者の事情や心情を熟知したデザイナーが、依頼内容の背景に着目しターゲットユーザーに刺さるベストなチラシデザインを提案してくれます。

また、月額定額制のデザインサービス「DESIGN VIKING」では、どれだけ修正を依頼しても追加費用が発生しないほか、プランによって同時に複数のデザイン依頼も可能。複数のデザインを依頼したい場合にピッタリのサービスです。

印刷センター.com

国内最安値への挑戦を掲げる『印刷センター.com』。デザインから印刷までを格安で依頼できるのはもちろん、無料でラフデザインを依頼することも可能です。

また、最短6時間で仕上げてくれる「超特急便」というサービスもあるので、とにかく急ぎで欲しいという方はおすすめの印刷会社ですよ。

イイチラシ.biz

デザイン制作から印刷、ポスティングなどの配布までワンストップ依頼できる『イイチラシ.biz』。取引実績9,000社以上であり、経験豊富なチラシの専門家が、効果的なチラシ作りをサポートしてくれます。

20,000部以上の大ロットを得意としているので、大きいロットでの発注をお考えの方はぜひ検討してみては?

チラデザ

格安料金でチラシを制作してくれる『チラデザ』では、B6サイズ(片面)のチラシデザインを5,000円から制作でき、一般的なデザイン価格よりも大幅に料金を抑えた依頼ができます。

LINEで注文ができるので、スマホから簡単に頼めるのは嬉しいポイントですよね。25年の歴史をもつ現役のデザイン事務所が運営しているサービスなので、信頼性も抜群ですよ。

グラフィック

デザインから印刷まで一貫して依頼ができる『グラフィック』。用意した原稿を元にデザインを制作してくれるプランだけでなく、デザイン面からフルサポートで依頼することも可能。

また、デザインや印刷の依頼が初めての方でも、専任のスタッフが制作から印刷手配まで対応してくれるので安心して利用することができますよ。

作成料金を抑えるポイント

  • 写真データを用意する
  • 原稿を事前に提供する
  • 情報量に合ったサイズを選ぶ

何事もコストはなるべく抑えたいですよね。ここではチラシ作成の料金を抑えるポイントについて解説していきます。

写真データを用意する

チラシに使用する写真やイラストを用意しておくことで、撮影費を抑えることができます。自分で撮影したり描いたりするほか、素材サイトから購入やレンタルをしてもいいでしょう。

チラシデザインのイメージをある程度固めておくことで、必要な写真を用意しやすいうえ、制作の進行がスムーズになるので、ベースとなるイメージは依頼前に固めておきましょう。

原稿を事前に提供する

チラシに掲載する原稿を依頼する場合、相手は事業内容や目的を理解するにあたって細かいヒアリングが必要とするので、その分時間も費用もかかることが多いです。

商品の説明文やキャッチコピー文などの文字データをあらかじめ用意しておくことで、原稿制作費の部分をカットでき、大幅に費用を抑えることができますよ。

情報量に合ったサイズを選ぶ

サイズによってチラシ作成にかかる費用は大きく変動します。チラシのサイズを大きくすればたくさんの情報を記載できますが、場合によってはごちゃごちゃした印象を与えてしまいマイナス効果になりかねません。

チラシを依頼するときは、事前にターゲットを明確にしたうえで情報量はなるべく少なくすることが大切です。そのうえで、その情報量に合ったサイズを選ぶようにしましょう。

まとめ

チラシデザインの外注先として主に挙げられるのは、

  • デザイン制作会社
  • 印刷会社
  • フリーランス

の3つです。なるべく費用を抑えて依頼したいときは、印刷会社による格安サービスを利用するか、クラウドサービスを通してフリーランスのデザイナーに頼むという方法を選びましょう。

また、依頼前に写真データや原稿をあらかじめ用意しておくことで、作成料金を抑えることができます。あらかじめチラシデザインのイメージをある程度固めておき、用意できるものは自分で用意するようにしましょう。

こちらの記事もおすすめ

【2021年3月最新】チラシデザインの料金相場を徹底比較!あなたにオススメの会社も紹介 チラシデザインの基礎知識まとめ!レイアウトの基本、テンプレートサイトも紹介