【飲食店必見】失敗しないタペストリーデザイン作成5つのコツとおすすめの業者も紹介

「お店の看板をタペストリーで作ってみたい!」
「キャンペーンの告知をタペストリーでしてみたいな!

飲食店の経営者や販促を担当しているあなたは、そう思っていませんか?

でもタペストリーを制作しようとしても

「タペストリーで集客できるのかな?」
「素材やデザインはどうしよう!」
「どこに依頼すればいいの?」

と迷ってしまいますよね。

初めてタペストリーを制作するときは、どんなデザインで、どんな物を選ぶと正解なのか判断できません。

もしも間違ったデザインやサイズ、素材でタペストリーを作成してしまうと、思うような集客ができなかったり、すぐに破れたりしてしまう可能性が高いです。

そこでこの記事では、飲食店とタペストリーの相性について解説し、タペストリー制作で失敗しないためにデザインや素材についてのコツを5つ分けて紹介していきます。

最後にはタペストリーデザインを依頼できる業者も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

飲食店とタペストリーは相性がいい

タペストリーは飲食店の告知に利用するのに、相性がいい広告媒体です。

タペストリーが飲食店と相性がいい理由は5つあります。

  • 看板ほどコストが高くない
  • 紙媒体よりも丈夫で長持ちする
  • 写真を鮮やかに印刷できる
  • 屋内と屋外両方で使える
  • 収納が簡単

1つ目はタペストリーは看板ほどコストがかからないので、制作費用を抑えられるということです。

制作費用を抑えられるので、季節メニューやキャンペーンメニューなど複数作成しやすくなります。

定期的にメニュー内容を変える飲食店には、導入しやすい媒体といえます。

2つ目はタペストリーに使われる素材は、紙よりも丈夫で、3年ほどの耐久性があることです。

耐久性があるので、悪天候でも屋外に置いたままにでき、看板の代わりにもなります。

3つ目はタペストリーはのぼりに比べて、写真を色鮮やかにプリントが可能なことです。

メニューを文字だけでなく写真で訴求することで集客力を高められます。

4つ目は看板のように設置するタイプではないので、屋外や店内に移動ができることです。

出したり直したりできるので、生ビール半額や10%オフなどタイムセールのような告知にも使用できます。

5つ目は紙のように丸めて収納できることです。

季節やイベントごとにタペストリーを作成しても、丸めて収納ができるので、場所を取らずに保管ができます。

コストや制作のしやすさ、保管のしやすさなど、飲食店の広告媒体としてタペストリーは相性がいいところが多くあります。

効果のあるタペストリーデザインを作成する5つのコツ

飲食店にとってタペストリーは集客効果の高い媒体です。

でもどんなタペストリーを設置すると、集客の効果が高くなるか疑問ですよね。

そこで集客効果が高くなるタペストリーデザインの作成のコツを、5つに分けて解説していきます。

設置場所によってサイズを変える

タペストリーは様々なサイズを作成可能です。

サイズの変更ができるので、設置場所によって大きくしたり、長くしたりできます。

例えば、屋外に設置するタペストリーは目立つように大きいサイズで作成できたり、店内用にキャンペーンの告知をするための小さいタペストリーを設置したりできるでしょう。

店の窓の大きさに合わせてタペストリーを作成して窓1面に設置もできます。

タペストリーを作成するときは、設置する場所に合わせてサイズを決めましょう

デザイン作成を依頼するときは素材を用意する

タペストリーデザインを業者に依頼する時は、素材を用意すると作成費用を抑えられます。

デザイン作成を依頼すると、デザイン費用以外に原稿や写真の素材が必要になります。

原稿とはメニュー名や金額、キャンペーン内容、電話番号、住所など掲載したい文字のことです。

料理写真も必要になるので、自分で撮るか、業者に撮ってもらうことになります。

プロのカメラマンに撮ってもらうと、解像度の高いきれいな写真になりますが、高額になってしまいます。

タペストリーに印刷する大きさによっては、解像度が低くてもきれいに印刷できる場合があるので、事前に印刷会社に確認してから自分で用意できそうであれば、カメラマンに撮ってもらう必要はないでしょう。

素材が揃っていてデザイン料だけでだと5,000円程度で作成依頼ができます。

タペストリーに向いている素材

タペストリーにはいくつかの素材があります。

屋外で使用するときはターポリン素材が一般的です。

ターポリンはビニール製の生地に塩化ビニル樹脂を加工した生地で、耐水性と防汚性、耐薬性があり紫外線にも強く、屋外での使用に適した素材です。

両面印刷する場合は、遮光ターポリンという素材を選びましょう。

2枚のターポリン素材の間に黒い生地を挟み裏写りを防ぐ素材で、両面印刷に適した素材だからです。

他にも、ポンジというのぼりによく使用されている素材や屋内で活躍するスエード生地もあります。

素材別に特徴をまとめましたので、参考にしてみてください。

スクロールできます
素材名質感特徴
ポンジ薄くてのぼりによくある素材。耐久性はない。安価で作成できる。写真のプリントには向いていない。
スエード光沢がありきれいに印刷できる。屋内で使用する。きれいに印刷ができる。他の素材に比べてコストが高い。
ターポリンタペストリーでは一般的な素材。工事現場の垂れ幕やテントに使用されている。屋外で使用できる。耐久性に優れている。
遮光ターポリンターポリンにグロス加工をしたもの。テカリが抑えられて視認性が高い。屋外で使用できる。両面印刷できる。耐久性に優れてる

シズル感をだして集客効果を上げる

タペストリーデザインは来店のきっかけになりやすいので「食べたい」や「入りたい」と思ってもらえるデザインが大事です。

なぜ来店のきっかけになりやすいかというと、タペストリーを見ているお客さんは、お店の前かお店の近くに立っていると想像できます。

お店の前に立っているということは、興味があると考えられるので、あとは「食べてみたい」や「入りたい」と思ってもらえる、きっかけがあればいいのです。

なのでタペストリーには「食べたい」や「入りたい」と思ってもらえるデザインが必要です。

「食べてみたい」と思ってもらえるデザインにするには、「シズル感」が大切な要素になります。

「シズル感」とは、みずみずしさやシャキシャキなど料理を美味しく見せる表現方法です。

例えば、テレビCMで鉄板の上でジューっと油を弾き飛ばしながら焼かれるハンバーグ、切り口からあふれる肉汁を見ると「食べたい」という欲がかき立てられますよね。

ただ料理の写真をデザインにするのではなく、例えばのハンバーグのような肉汁があふれる動きがある写真を載せましょう。

動画ではなくても写真でも「シズル感」を表現できるので、タペストリーデザイにシズル感を取り入れましょう。

気軽に作れるメリットを活かす

タペストリーは看板に比べて制作コストを削減できるので、季節ごとやキャンペーン毎に入れ替えられます。

例えば毎週決まった曜日に割引キャンペーンの告知をしたり、期間限定のメニューを告知したりできます。

店頭に出し入れができる点もタペストリーのメリットです。

季節感やタイムリーなタペストリーデザインを作成して、集客効果を上げましょう。

タペストリーを発注できるおすすめ業者3選

タペストリーを制作してる業者はたくさんあり、どんな基準で選ぶといいのか判断が難しいです。

そこで、タペストリーのデザインを制作してくれる業者や印刷加工をしてくれる業者を、3つ紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

デザイン作成のサブスクサービス『snac』

飲食業に特化したデザイン制作サービスです。

月額固定のサブスクリプションタイプでデザイン関連の業務を依頼できるサービスです。

タペストリーデザインはもちろん、メニュー制作やパンフレット、看板、WEB用バナー、などデザインに関することを制作してくれます。

忙しくて、デザイン関連の業務を後回しにしている飲食店の強い味方になってくれるサービスになります。

タペストリーが安くて早くできる『のぼり屋さんドットコム』

タペストリーを格安で制作してくれる業者になります。

サイズが自由に選べ、納期も最短5営業日からと利用しやすいです。

自作したデザインを使用するなら、1200×1200のタペストリーが8,000円程度で依頼できます。

とにかく安くタペストリーを制作したい人におすすめの業者です。

デザインデータがなくても、テンプレートから選べる『cruyff』

タペストリーデザインをセミオーダーできる業者になります。

テンプレートの中から構図を選んで、そこに写真と原稿を入れてタペストリーの制作ができます。

1からデザインを作らなくてもいいのでデザイン知識がなくても、納得できるタペストリーができるでしょう。

気軽にタペストリーを制作したい人にオススメです。

まとめ

今回は、失敗しないタペストリーデザイン作成のコツ5選おすすめの業者というテーマを解説してきました。

タペストリーは飲食店の宣伝と相性がいい広告媒体です。

看板に比べてコストが低く、紙媒体よりも長持ちで、料理写真を鮮やかにプリントできるからです。

タペストリーを屋外で使用するなら、ターポリンという素材で作成しましょう。

耐久性に優れて3年ほど使用できます。

タペストリーのデザインはシズル感を出したり、季節ごとに作り変えたりしてコストを抑え気軽に作れるメリットを活かしましょう。

タペストリーのデザインを業者に依頼するのか、もしくは自作するのか、セミオーダーで作成するのか、あなたのスタイルに合わせて選んでみてください。

以上、【飲食店必見】失敗しないタペストリーデザイン作成5つのコツとおすすめの業者も紹介でした。

ぜひ集客につながる、タペストリーデザインを作成してみてください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる