売れるECサイトデザインにする為のコツ5選!参考事例、ギャラリーサイトも紹介

「ECサイトを運営してるけどなかなか売上が伸びない…。」
「デザインを一新させて売上アップにつなげたい!」
「売れるECサイトのデザインってどんなの?」
「参考になるデザイン事例が見たい!」

ECサイトの売上が伸び悩んでいる時って、サイトのデザインが原因なのかな?って思ってしまいますよね。デザインを変更してもっと売上を伸ばしたいと考える方も多いはず。

ズバリECサイトにおけるデザインは、売上に直結する重要な要素です。サイトにアクセスしたユーザーに離脱されないように、魅力的かつ分かりやすいデザインにしなければいけません。

そこで今回は、売れるECサイトにするためのデザインのコツや参考事例、制作会社に頼むときのポイントなどをまとめて解説していきます。ECサイトの売上を伸ばしたい方はぜひ参考にしてみてください。

売れるECサイトにするための5つのコツ

  • 狙うターゲットに合わせてデザインする
  • 構成はなるべくシンプルにする
  • 購入までの動線を意識する
  • ファーストビューにこだわる
  • 購入ボタンを工夫する

ECサイトの売上を伸ばすためには、自分ではなくユーザーが満足するデザイン設計を心がけなければいけません。デザインを通して商品の魅力を分かりやすく伝えるために、上記5点のコツを押さえておきましょう。

狙うターゲットに合わせてデザインする

ECサイトデザインを作る際は、まずターゲットとなるユーザーの属性に合わせてデザインを考えることが大切です。サイトにアクセスしたユーザーは、そのECサイトが自分にマッチしているかを常に意識しているので、ユーザーにマッチしないデザイン設計をしてしまうとすぐに離脱される恐れがあります。

ターゲットに合わせたデザインを心がけることで、ユーザーに「自分にマッチしたサイトなんだ」と感じてもらえ、ショップ自体に良いイメージを持ってもらいやすくなりますよ。また、商品の説明文やキャッチコピーなどターゲットに沿って作成することで、より売上につながるECサイトに仕上がるでしょう。

構成はなるべくシンプルにする

ユーザーの離脱を防止するためにも、サイトに載せるテキストや画像はできるだけ絞り、シンプルな構成にすることを心がけましょう。必要な情報をまとめ、関連項目を整理し規則化してあげることで、ユーザーは知りたい情報にアクセスしやすくなります。

ユーザーにとって知りたいことが「早く」「簡単に」知れるよう、シンプルで分かりやすいサイト設計にしましょう。

購入までの動線を意識する

シンプルなデザインにして滞在率を上げても、商品が売れなければ意味がありません。売上につなげるには、ユーザが求めているであろう情報を左上に配置するなど、視線の流れを意識したレイアウトにすることが重要になってきます。

また、近年ではスマートフォンからECサイトにアクセスすることも多いため、様々なデバイスに対応し表示するレスポンシブデザインでの設計も押さえておきたいポイントです。

ファーストビューにこだわる

「ファーストビュー」とは、ユーザーがECサイトにアクセスした際に表示される最初の画面のことであり、一般的にファーストビュー時点で離脱してしまうユーザーは70%以上とされています。ファーストビューでの離脱を防ぐためにも、サイトのトップページには「ユーザーの興味を引く情報」を配置するようにしましょう。

また、ファーストビュー部分のデザインが常に同じだと、ユーザーは飽きてしまい離脱率の増加につながってしまいます。トップページにバナーを表示させている場合は、少なくともバナーデザインだけでも定期的に更新するようにしましょう。

購入ボタンを工夫する

購入までの動作を限りなくスムーズにできるよう、購入ボタンは色で目立たせたり、クリックしやすい大きさにするようにしましょう。

目に付きやすい購入ボタン事例

一般的に購入ボタンに使われるのは、注意を引きやすい「赤色」や安心感を与える「緑色」が多いですが、場合によっては「黒色」で高級感を演出するなど、サイトのコンセプトによって使い分けることが大切です。

参考にしたいECサイトデザイン事例集

  • ASUR
  • Miche Bloomin
  • Mr.CHEESECAKE
  • BOTTLEBREW
  • scope

ここでは参考になるおしゃれなECサイトデザインをいくつか紹介していきます。

ASUR

ASURのECサイトデザイン

こちらはコスメティックブランド「ASUR(アズ)」のECサイト。ファーストビューに画像加工を施した背景が使われており、スタイリッシュかつインパクトのあるサイトデザインです。

使用をイメージできるような画像がサイト内に配置してあるので、ユーザーが分かりやすく商品の魅力を感じるような造りが魅力的。ナチュラルな色使いが清潔感を与えてくれますよね。

Miche Bloomin

Miche BloominのECサイトデザイン

こちらはカラーコンタクトレンズ「Miche Bloomin」のECサイト。ファーストビューに女性の映像がアップで映し出されており、ターゲットである女性に特化したデザイン設計になっています。

また、女性の中でも比較的若い人がターゲットなため、スマートフォン表示にも対応したレスポンシブデザインで作れられているのもポイント。

Mr.CHEESECAKE

Mr.CHEESECAKEのECサイトデザイン

こちらは販売から1分で完売してしまうこともある「Mr.CHEESECAKE」のECサイト。ファーストビュー部分に看板商品であるチーズケーキを持ってくることで、ユーザーの興味を引く構成になっています。

飲食業のECサイトにおいて重要な”シズル感”をあえて控えめにしており、上品な雰囲気に合ったサイトデザインが素敵ですね。

BOTTLEBREW

BOTTLEBREWのECサイトデザイン

こちらは醤油を作る体験を提供する「BOTTLEBREW」のECサイト。ファーストビューは醤油を使った調理シーンの動画から始まり、実際の食卓で醤油を使っている映像が流れていきます。

実際に自分が使っている場面が想像しやすい構成で、動きのある映像がシズル感をより増幅させていますね。また、サイト内に醤油を使ったレシピも載せることで商品を買ってもらうための付加価値をつけており、購入までの動線作りも工夫されています。

scope

scopeのECサイトデザイン

北欧デザインの食器や家具などを販売する「scope」のECサイトデザインでは、生活感のある画像や映像を掲載するなど、実際に商品を利用しているイメージがつきやすい工夫がされています。

ファーストビュー部分に大きな商品画像をスライド式で配置しているので、インパクトも抜群ですね。

ECサイトデザインのギャラリーサイト3選

  • SANKOU!
  • MUUUUU.ORG
  • ikesai.com

上記のサイトデザイン事例の他にもおしゃれで魅力的なデザインは沢山あります。この項目では、もっと色々なサイトデザインを見たい方におすすめなギャラリーサイトを紹介していきます。

SANKOU!

Webデザイン制作の参考になるサイトをまとめている「SNKOU!」。さまざまな業種のECサイトデザインが一覧で表示されているので、シンプルでとても使いやすいギャラリーサイトです。

見たい分野だけを絞れるフィルター機能があるので、特定の業種だけのECサイトデザインを見たいという場合には特に役立ちますよ。

MUUUUU.ORG

クオリティが高く、縦に長いサイトを集めた「MUUUUU.ORG」。掲載されているサイトはどれも分かりやすくカテゴリー化されているので、こちらも非常に使い勝手の良いギャラリーサイトですよ。

また、サムネイル同士のスペースを無くすことにより、最大限サムネイルを大きく表示させているのもポイント。トップページ部分でもある程度デザインのテイストを掴むことができるので、いちいちクリックせずに参考になりそうなデザインを探すことができます。

ikesai.com

おしゃれでイケてるサイトを集めた「ikesai.com」。非常にわかりやすくカテゴリー分けされており、レスポンシブデザインのみを絞って調べることができるのが強みです。

また、毎日数サイト更新されているので、最新のトレンドを知りたい際にも重宝するギャラリーサイトです。

ECサイトを制作会社に頼む時のポイント

  • 自社の業界とマッチしているか
  • デザイン、ライティングの質を把握する
  • 料金の安さだけで選ばない

ECサイトデザインを制作会社に頼むときは、上記3点を意識しながら自社にマッチした会社を選びましょう。それぞれの項目について解説していきます。

自社の業界とマッチしているか

制作会社ごとにそれぞれ得意とするデザイン分野は異なります。自社の業界とマッチした分野に強みをもつ制作会社ならば、自社商品の魅力を最大限に引き出してくれるでしょう。

そのためにも、各社の過去のデザイン実績を確認したうえで、自社の業界とマッチした制作会社に依頼することが大切です。

デザイン、ライティングの質を把握する

サイトデザインはもちろん、商品説明などのライティング部分も売上に直結する重要な部分。デザインだけでなく文章面も依頼する予定なのであれば、魅力的なキャッチコピーを生み出してくれる制作会社を選ぶのがベストです。

料金の安さだけで選ばない

サイトデザインを会社に依頼する際、料金の安さだけで依頼先を選ぶのはなるべく避けることをおすすめします。なぜなら、格安で請け負っている会社は何か起きたときのフォローがない、デザインのクオリティが下がるなどの問題がある可能性が高いからです。

そうならない為にも、料金と品質のバランスをしっかり比較したうえで依頼する会社を選ぶようにしましょう。

売れるECサイトデザインを作るなら「DesignViking」

月額定額制のデザインサービス「DESIGN VIKING」では、どれだけ修正を依頼しても追加費用が発生しないほか、プランによって同時に複数のデザイン依頼も可能です。経営者の事情や心情を熟知したデザイナーが、利益につながるECサイトデザインをご提案から作成まで行います。

スポットでのご依頼もお受けしておりますので、お気軽にご相談ください。

まとめ

ECサイトにおけるデザインは売上に直結する非常に重要な要素です。ユーザーにとって分かりやすく売れやすいサイトにする為には、以下の5点を意識することが大切です。

  • 狙うターゲットに合わせてデザインする
  • 構成はなるべくシンプルにする
  • 購入までの動線を意識する
  • ファーストビューにこだわる
  • 購入ボタンを工夫する

ぜひ今回の記事を売上につながる効果的なECサイトデザイン制作に役立ててくださいね。

こちらの記事もおすすめ

【2021年3月最新】参考になるおすすめECサイトデザイン11選!業界別に紹介