飲食店でのチラシの作成方法を解説!売上を上げるためのポイントや事例も紹介

「お店の宣伝にチラシを使おうか迷う…」
「飲食店向けのチラシ作成のコツが知りたい!」
「効果の出るチラシってどんなの?」
「そもそもチラシって集客につながるの?」

店舗の集客・売上アップのためにチラシを作ろうかと考えているけど、今の時代チラシって効果あるのかな?と疑問に感じますよね。それに、せっかくチラシを作るなら、集客につながるポイントを抑えて戦略的に作成したいはず。

ズバリ結論として、飲食店の集客においてチラシはとても有効な手段です。ネット広告にはないメリットを理解し、チラシの特性を活かすことで強力な宣伝ツールに十分なり得るでしょう。

そこで今回は、飲食店におけるチラシの重要性や作成のポイント、よくある質問事項をまとめて解説します。ぜひこちらの記事を参考に、チラシを活用して店舗の集客につなげてください。

飲食店におけるチラシデザインの重要性

飲食店を利用するお客さんの大半は、半径2km圏内か徒歩10分圏内に住んでいる人、もしくはその圏内に勤め先がある人と言われています。つまり、飲食店の集客において、店舗周辺へのアプローチは非常に重要な要素なのです。

チラシは地域を絞って情報発信ができるので、その地域の人にお店のことを広く周知してもらうことが可能です。特に新店をオープンしたばかりの時などは、販促効果が出やすいでしょう。

その他にも、チラシは紙媒体なので保存性に優れているなど、ネット広告にはないメリットが多数あります。

チラシを作る目的は、ターゲット層が実際に来店してくれる、お店の予約をしてくれるなどの行動が最終的なゴールです。そのためには、おしゃれなデザインや情報をただ並べたチラシを作るのではなく、チラシを見た人が実際に行動したくなるようなものを作らなければいけません。

集客につながるチラシを作る4つのポイント

  • ターゲット層を明確にする
  • シズル感のある写真を使う
  • レイアウトや用紙を工夫する
  • 表面と裏面を使い分ける

ただ自分の伝えたい内容ばかりを盛り込んでも、効果的なチラシはできません。
上記4つのポイントを意識して作りましょう。

ターゲット層を明確にする

効果的なチラシを作るためには、まずターゲットとなる層を明確にすることが大切です。飲食店側が最も伝えたい”強み”は何か、そしてその”強み”はターゲット層に刺さる内容なのかを事前に分析しておくと良いでしょう。

ターゲット層が明確であればあるほど、デザイン設計や使う写真の方向性が決めやすくなり、結果的に分かりやすく効果的なチラシが出来上がります。

年齢や性別、地域性などからターゲットを詳細に明確化し、そのターゲットに合わせて適切なアプローチをかけるようにしましょう。

シズル感のある写真を使う

「シズル感」とは、料理や食品のみずみずしさやジューシー感を通して、目にした瞬間に思わず食べたくなるような演出や表現のことです。

例えばステーキなら、肉汁溢れる断面を写すことでジューシーさが強調され、見た人の食欲を刺激することができます。ドリンクの写真だったら、ビンやグラスに水滴がついていた方が「飲みたい!」と思いますよね。

飲食店のチラシデザインは、他の業種よりも使う写真が特に重要になってくるので、よりシズル感のある写真を選ぶようにしましょう。

レイアウトや用紙を工夫する

メニューが豊富な飲食店などは、ついついチラシに多くの情報を載せたくなるものですが、情報量の詰めすぎには注意が必要です。適度な余白を配置したり、読み手がスムーズに内容を把握できるようなレイアウトを意識しましょう。

クラフト紙を使ったフライヤー

また、カフェやバーなど「おしゃれ感」を演出したい飲食店では、レイアウトの工夫はもちろん、用紙選びも重要になってきます。クラフト紙や特殊紙を選ぶことで、温かみのある雰囲気などをチラシに反映させることができます。

表面と裏面を使い分ける

チラシの表面は、いわばチラシの顔部分であり、いかに読み手の心を掴めるかが重要になってきます。アピールする商品によっては、できるだけ文字での情報を削ぎ落とし、写真でのインパクトを重視するケースもあるでしょう。

飲食店のチラシの場合は、表面で読み手の興味を惹き、裏面に素材のこだわりや店内の情報を加えることで、より訴求力の高いチラシが出来上がります。表面と裏面をそれぞれ上手く使い分けることも、チラシを作成する上で大事なポイントです。

また、周辺に外国人が多く住んでいる地域であれば、裏面を使って多言語で記載するのも一つの手でしょう。地域柄に合わせた工夫をすることで、店舗周辺へのアプローチはより効果的なものになります。

飲食店チラシに関する良くある質問

  • 自作チラシで効果は出るの?
  • デザインと印刷は別々に依頼するべき?
  • 割引券はつけた方が良い?

自作チラシで効果は出るの?

自作チラシは、業者に依頼するよりも費用を抑えられるというメリットはありますが、作成時間とセンスが必要になってきます。庶民的な飲食店の場合は、手書きのチラシでも「味があって良い」と思われるかもしれませんが、高級志向のお店の場合はそうはいきません。

センス次第では逆効果の可能性もありますので、自作チラシの場合は様々なデメリットを把握した上で判断するようにしましょう。

もちろん、必ずしもプロが作るハイクオリティのチラシが効果的とは一概に言えません。親近感のある自作チラシが思わぬ反響を出すケースもあるでしょう。

こちらの記事ではチラシデザイン作成のコツや注意点を解説していますので、ぜひ併せて読んでみてください。

やらなきゃ損!チラシデザインの5つのコツと参考事例や注意点、テクニックも紹介

デザインと印刷は別々に依頼するべき?

最近では、デザインと印刷を一貫して依頼できるサービスが増えており、基本的にチラシデザイン・印刷を同じ会社に頼んだ方が費用は抑えられます。ただ、デザイン会社の方が企画段階からしっかりと打ち合わせを重ねてデザインを制作する傾向にある為、クオリティを重視したい方はデザインを専門としている会社を選ぶべきでしょう。

会社によって得意とするジャンルは異なるので、過去の実績などを見て飲食店デザインを得意としているかを把握しておくのも大切です。

割引券はつけた方が良い?

割引券があるチラシは、通常のチラシよりも破棄されにくくなるというメリットがあります。手元に保存されることで、短期的な集客だけでなく数週間・数ヶ月といった集客の長期化にもつながります。

割引券のついたチラシ

割引券の部分にはアクセントカラーを使うなどして、視認性を高める工夫をするとより効果が期待できるでしょう。

また、商品の料金を割引するものだけではなく、店舗限定のお土産やグッズを渡す特典付きサービス券などもこれに当てはまります。新規顧客を狙うのか、それともリピート促進を狙うのかで券の内容が変わるので、目的に合ったサービス券を選ぶようにましょう。

飲食店のチラシを頼むのにおすすめの会社3選

  • YOHAKU Office株式会社
  • チラシデザイン作成PRO
  • 飲食店輪区

YOHAKU Office株式会社

SNAC

デザイン事業・ブランディング構築の支援を行う『YOHAKU Office 株式会社』

飲食業に特化したサブスク型デザインサービス「SNAC」を運営しており、飲食デザインを10年以上手がけてきた専門家によるデザイン設計が魅力的です。飲食に特化しているだけあって、飲食業界のトレンドも抑えた提案をしてくれるのは嬉しいポイントですね。

また、チラシやパンフレットなどの販促物デザインの制作が”月額定額制”で頼めるので、制作物が多い新規オープン時やリニューアル時にはぴったり。「チラシのこの部分だけ変えたい」などの細かい修正も、費用を気にせず何回でも依頼できるのも強みです。

飲食店輪区

飲食店の販促ツール作成をトータルにサポートしている『飲食店輪区』

チラシデザインはもちろん、ロゴやのぼりまで費用対効果の高いデザインを提案してくれます。飲食デザインの実績も豊富であり、デザイン制作から印刷まで一括依頼できるのも強みです。

初めての利用の場合は、様々な販促デザインをお試し価格で作成できるのは嬉しいポイントですね。

チラシデザイン作成PRO

チラシ作成5,000件以上の制作実績がある『チラシデザイン作成PRO』

豊富な経験を活かした「ブランディングに差がつくデザイン制作」を得意としており、来店を促す飲食店チラシを手掛けてくれます。

企画・構成やコピーライティングなどのオプションのほか、開店支援プランなどのブランディングを兼ねたプランが豊富にあるのも魅力的ですね。

まとめ

ソーシャルメディアが普及した現代でも、チラシはまだまだ優秀な宣伝ツールとして使われています。
                              
飲食店の集客においてチラシを使うメリットとは、

  • 利用客が住むエリアに絞って宣伝ができる
  • 紙媒体なので保存性に優れている
  • 割引券などの工夫次第で、集客率を大幅に高められる

などがあげられます。特に新店オープン時やリニューアル時など、周辺地域に店舗の認知を広めたい場合には、チラシはとても心強いツールだと言えるでしょう。

ネット広告にはないメリットを理解し、ターゲットに行動させるチラシデザインを意識することが大事です。チラシに特典を付けるなど、目的に合った工夫を施したチラシを活用して、ぜひ店舗の集客につなげてください。

こちらの記事もおすすめ

【2021年3月最新】チラシデザインの料金相場を徹底比較!あなたにオススメの会社も紹介 チラシデザインの参考サイト・本14選!【シンプル、個性的などテイスト別に紹介】